ポスティングとは

21世紀のフラッグシップ販促手段・手法であり、現在の日本で
最も脚光を浴びているセールスプロモーションツール。それがポスティングです。
販促物(チラシ・小冊子・ポケットティッシュ・カタログ・パンフレット・試供品)などを一般家庭や
事業所の郵便受けに直接投函し、現在ではアナログ宣伝媒体として最も費用対効果が高いといわれています。

ポスティングの本質であり最大の強みは、新聞折込広告とは全く異なり、
販促物を単独で配布・エリアや客層などのターゲットを絞って配布することが可能なことです。

例えば、一戸建ての住宅のみや集合住宅(アパートやマンション)のみに配布することはもちろんのこと、「カーポートが無い一戸建て住宅のみ」や「太陽光発電を乗せてある一戸建て住宅のみ」や「公営住宅や単身者用賃貸住宅以外の集合住宅のみ」など広告主の多種多様な宣伝ニーズに応えています。

なぜ費用対効果が高い!?

ご存知でしょうか?
2015年最新の新聞購読率は、10~20代に限ると23.3%
(ジャストシステム調べ)。
30~40代で32%(サンケイリビング新聞社)と20年前に比較してもかなり低下しています。

これまでアナログ宣伝手法の核となっていた新聞折込は、1部2円や3円と安い価格でできたとしても全世帯のおよそ4割ほどしかカバーできず、大都市圏や学生街などでは2割もカバーできていないのが現状です。たとえ、新聞購読をしている家に新聞が届いたとしても、たくさんの同業他社のチラシに埋もれてしまうことでしょう。

ポスティングについて①

また新聞購読率が、比較的に高いとデータがある60代以上の世帯に『ネイルサロンのチラシ』や『主婦向けのキャンペーンチラシ』、『お子様向けの塾の案内』などが、新聞折込に入っていてもそれは古紙回収用紙袋へ直行のことでしょう。新聞と一緒ではなく、任意のタイミングで販促物をポストへ...。
さらには、軒並配布ならば広い範囲で宣伝を可能にしてくれます。

これがポスティングの費用対効果が高い理由です。

ポスティングについて②

さらにポスティングの強みとは!!

ポスティングの強みはなんといてもフレキシブルな配布方法です。
マンパワーで広告物を配布しますので、全戸配布や事業所だけ、
一戸建て住宅・集合住宅・単身者賃貸住宅・分譲マンションなどへ、集中的に宣伝広告費を投下が可能です。
フリーペーパー・タウン誌・新聞折込・回覧板・ネット広告・TVⅭM・ラジオCMなど様々な広告媒体がありますが、ピンポイントにターゲットを合わせて宣伝を行うと意味では、最も理想に近い広告媒体がポスティングなのです。